つくばN邸上棟
d0017039_13503814.jpg
2/27、つくばN邸上棟しました。ほぼ正方形平面、切妻の住宅です。
d0017039_13504422.jpg
南東角が吹き抜けています。屋根の集中荷重を受ける梁は、一部逆梁にしました。吹き抜けの角に柱がないので、ちょっと浮遊感がありますね。
d0017039_13504153.jpg
今回は垂木みせ。ピッチは455だと野地の面が大きいし、227.5ではややコスト高になってしまうからということで、@303にしてみました。でも、残念ながら、たてはぜ板金は@333。トップライトは屋根の目地とは合いません。
d0017039_13504587.jpg
今回一番苦労した部分。梁が2段になっています。南側の先端は、上段の渡り顎ではねだす梁の先からから、下段の梁を吊っています。柱にコボットがつけば構造は完成です。
欠損が大きくなりそうな通し柱と梁の仕口はプレカット会社の提案で、ストローグという構造金物を使っています。ストローグは無垢材との相性もいいし、金物自体が小さいので運搬費も安く済みそうです。

by iplusi | 2016-03-01 14:15 | つくばN邸 | Comments(0)
<< 国立S邸 お施主さん作成CG 横浜T邸04案 >>