i+i 来年の現場
今年2015年は横浜、中野、下高井戸、元住吉、浦和、狛江で6軒の住宅が竣工しました。年明けから、実施設計、基本設計がほぼ終了している、複数の現場が始まります。
d0017039_12260707.jpg
つくばN邸。地区計画の届出終了。確認申請今日提出。地鎮祭は年明け1/4、地盤調査は1/5の予定です。工事はタケワキさんですが、基礎はNさんのご両親が工事予定。
d0017039_12261172.jpg
横浜S邸。年末青木さんと工事契約。外壁は木になりました。1/5に地盤調査です。改良なければ6月末に竣工します。現場担当は斎藤さん、棟梁は狩野さんの予定です。
d0017039_12262056.jpg
流山N邸。年明けに見積予定です。土地引渡し前なので、区画整理法76条申請がまだ出せません。現在模型製作中で、3月頃工事着工予定です。
d0017039_12263061.jpg
板橋T邸。設計は終わっているのですが、敷地が国有地などに接するため、農転→測量→分筆→登記の手続きに、ちょっと時間がかかっています。今日は熊澤がスケッチアップでCG作成中です。

上記4件に、もうじき基本設計が終わる国立S邸を加えた5軒が現在進行中です。設計の方は十分余力があるので、新規ご依頼受けやすくなっております。来年2016年は後半になるほど忙しいと思いますので、早めにお声掛けくださいませ。

by iplusi | 2015-12-28 12:24 | その他いろいろ | Comments(1)
Commented by 森山 at 2015-12-31 23:46 x
久しぶりに「住まい手の立場から・・・」のBBSに書こうと思ったんだけど出来なかったからコメントしときます。2016年・平成28年来年の干支は丙申(ひのえさる)その意は、丙(ひのえ・火の兄)広がっていくこと、カタチが決まる。申(さる・木々の枝が伸びる様)伸びるツクリでもありますよね。つまり、「燃え広がる伸びる」です。今年の波乱がさらに広がります。10干12支は60年で一回りするので60年前のことを観れば様子がわかります。1956年の建築界では、ヴェネツィアビエンナーレ日本館(吉坂隆正)松井田町役場(白井晟一)石橋文化センター(菊竹清訓)郵政庇ビル薬師寺厚が建築学会賞。前年の「原爆堂」に続き「縄文的なるもの」で白井大ブレイクした年です。その60年前の1996年はジョアサイア・コンドルにより岩崎邸が完成、辰野金吾による日本銀行、日本で最初のシャッター(クラーク・バーネット社製)が日銀本店に取付けられる。道庁赤レンガ庁舎(平井晴二郎)、大審院庁舎(ドイツのエンデ・ベックマン事務所)、日本で建築家の職能が確立し、日本人の手による近代建築が次々と建っていく、いってみれば戦前にあった日本近代建築が建て揃ったような頃ですね。ということは今年何かを成し遂げた場合には、それで終わりではなく、さらにガンガン広がるということです。
それではよいお年を
<< 建築エコノミスト森山さん「20... 狛江W邸お引き渡し >>