国立S邸01案 
d0017039_11540873.jpg
新しいお仕事、国立S邸01案。敷地は間口約6.8mで、南北に細長い形。接道は南西と北西。建ぺい40%、セットバック1mだから周囲も比較的ゆったりしています。切妻がお好みということで、01案は、高度斜線を意識したシンプルな切妻形状でご提案しました。
d0017039_11540861.jpg
隣地及び道路からセットバックすると、間口は最大2間半。2階リビングで間口いっぱいの開口にしてます。間口方向から、道路向かいの集合住宅の庭を借景します。
d0017039_11540869.jpg
細長い建物ですから、長手方向の見通しを最大限に利用。高窓でプライバシーにも配慮します。視線と風が通り抜ける気持ちのいい家ができそうです。


by iplusi | 2015-09-28 12:08 | 国立S邸 | Comments(0)
<< 中屋送別会 元住吉M邸竣工 >>