板橋T邸03案 家相と屋根形状の検討
d0017039_1732630.jpg
今回は、屋根の形状を比較検討をしてみました。上の写真、左右の模型は全く同じ間取りで、屋根形状だけが異なっています。同じ平面でも、屋根の架け方というのは、複数あり得るんですね。今回はその中でも、左右対称なオーソドックスな物を選んでいます。
d0017039_1732211.jpg
切妻の方は奥行きの深い袖壁の上に屋根が乗ってくる、矢印型の立面です。かなり袖壁が出ているので、実際はもっと陰影のある、彫りの深い表情になると思います。
by iplusi | 2015-03-31 17:54 | 板橋T邸 | Comments(0)
<< 窓の取得熱復習 3角開口下地完成 @高井戸M邸  >>