下高井戸M邸 通気垂木施工中
d0017039_15333037.jpg
通気垂木おさまりの確認などで現場へ。断熱材の仕様、合板一層目の気密テープ、断熱欠損部ウレタンスプレーなど、抜かりなく進行中。納まりが難しいテラス上部、3角開口部軒先のメインフレームは、千葉棟梁と相談して、60ほど平行移動。金物を確実に留められるように工夫しました。
d0017039_15334412.jpg
通気垂木は東日本パワーファスニング製のビスでがっちり留めています。このビスは1本あたりの引き抜きが270kgもあります。
d0017039_15335575.jpg
ちょうど「usen」が越境している電線を直しに来ていました。
d0017039_196185.jpg
現場最大の山場、平面も立面も斜めになるローリング梁(下図の赤い梁)。2方向に転ぶので、勾配なりの投影図を書いて、単なる平面斜めの梁に変換してます。作図は結構大変でしたが、うまく納まりました。でも、これがついたら現場は一安心です。
d0017039_19233155.jpg

by iplusi | 2015-03-03 15:35 | 下高井戸M邸 | Comments(0)
<< 法第43条第1項ただし書一括許... 狛江W邸03案 >>