中野M邸 オープンハウスのお知らせ
今週末1/31の土曜日、建主様のご厚意により、アイプラスアイ設計事務所で設計監理いたしました、中野M邸のオープンハウスを開催できることになりましたのでご案内致します。

横浜、中野と2週連続の見学会となりますが、タイプの異なる都市型住宅をまとめてご覧になれるチャンスですので、お誘い合わせの上、お越しいただければ幸いです。
中野M邸は、住宅密集地に建つ大きな窓のある台形のファサードが特徴的な都市型住宅です。
d0017039_2105536.jpg
LDKのある2階は、ほとんど間仕切りのない、ワンルーム空間です。広々とした平面を自由自在に使えるように、吹き抜けは階段部だけに限定。その代わり、2階は1.5層分の天井高を確保しました。プライバシーを気にせず、日射しや景色を取り込むため、ハイサイドライトを積極的に活用。住宅密集地の悪条件を感じさせない、明るく開放的な空間を実現しました。

□住所:東京都中野区
□日時:2015年1月31日(土)、10:00~16:00
□最寄駅:JR中野駅、西武新宿線新井薬師駅
□車の場合:周辺にコインパーキングあります。

見学会は予約制となっております。見学希望の方は、お越しになる大体のお時間、お名前、見学人数、ご連絡先、家作り予定者・設計者・施工者OB・その他の別をお知らせください。
折り返し、ご案内お送りします。

■ご連絡先: アイプラスアイ設計事務所  飯塚豊
  mail: yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp
■当日連絡先: 飯塚携帯 090-6156-7488
d0017039_18293798.jpg
3角形のハイサイドライト。防火サッシは3角形が出来ないので、延焼ラインから外し標準サッシを入れられるよう工夫。
d0017039_18294124.jpg
キッチン横のゴージャスタイル。縦長タイルが半コマづつずれる特殊な形です。そのままだと出隅部はラインが揃わないので、一段おきにタイルの方向を変えて貼ってもらい、見切り材無しで納めました。現場からの電話を受け、その場で即興で考えた作戦ですが、これは、なかなかの名案。目地は濃いエンジ色の物を使っています。
レンジフードはパナソニック製ですが、デザインが主張しすぎないので、なかなかいいですね。
d0017039_1922425.jpg
2階のフローリングはブラックチェリーの無垢材。最初は淡いですが、日に当たると、どんどん色が濃くなる高級材です。
リビングの壁面収納は、半分隠して半分見せるタイプ。エアコンも上吊り引き戸で使用時以外は隠せるように。センサー付きエアコンもこれなら大丈夫です。引き戸は黒板塗料で黒くする予定。
引き違い窓には、木製ブラインドが入ります。ブラインド屋さんには、飯塚が交渉してコストおさえました。
d0017039_18295596.jpg
一番奥の部屋は、小上がりになった和室です。中央は掘りごたつ。床側にヒーター付きパネルを入れました。こたつの机は大工さんがタモでつくります。畳厚は55mm、表はイ草より強い紙製です。

d0017039_20525754.jpgちょうど椅子代わりになる、高さ400の小上がりの立ち上がりには、中屋2人分くらいの大きさの巨大なワゴンが4つおさまっています。あまり重いものを入れると引き出すのも大変だから、使用頻度がさほど高くない、比較的軽いものを収納すると良さそう。
d0017039_1830696.jpg
玄関から直接出入りできる、ウォークスルーの大収納。広々していて、部屋にできそうです。
d0017039_1830890.jpg
玄関のニッチ。落とし掛け的断面にして照明を仕込みました。棚板は青木さんの倉庫にストックしてあったカリンの無垢材。
d0017039_1830993.jpg
西側立面。虫眼鏡型の窓は、もちろんルイス・カーン リスペクトですが、全体的な印象はベイマックス的な柔らかそうな感じ。壁面にできた隣家のシルエットも面白いですね。
by iplusi | 2015-01-30 22:19 | 中野M邸 | Comments(0)
<< 1/31土曜日は中野M邸オープ... 木の大きさを調べる >>