家づくりの総予算・諸費用の計算
最近土地からの相談が多いので、家を建てる時の総予算、諸費用を一覧表で整理してみました。といってもベースになってるのは、以前、荻窪Hさんに頂いた資金計画書、笑。
ちゃんと出そうとすると、私がやっても非常に大変な作業。Hさん金融関係のお仕事してるわけでもないのに、すごいですよね。ともあれ、自分で一回こういうのつくってみると、頭の中が整理されるのでお勧めです。
d0017039_1916511.jpg
一番上の青いブロックは、ローン関係。楽天のフラット35でやってみたんですが、ローンの手数料の他に、火災保険、つなぎ融資の手数料や金利、団信、登記などがあり、トータル3300万のローンで、180万円近くの金額になりました。特に、つなぎ融資の手数料や金利は結構な額になるので、短期的に親御さんに借りられたりするなら、その方が絶対いいですね。

次の黄色ブロックは土地関係。仲介手数料は、皆さんよくご存知だと思いますが、登記の際の登録免許税が結構高額なので、注意が必要です。

その次のオレンジは、建築関係。これは私達が一番想定しやすい分野ですので、都度確認いただければと思います。地盤改良、外構、給排水引込、防火サッシ、深基礎などなど、プラスアルファの項目は非常に沢山あります。その他、左官仕上げや床暖など、ご要望でも数百万の金額が変わってきます。申請関係では、確認申請の検査費用はもちろん、フラットの審査や検査、狭あい道路の申請や立会いなど、特殊な申請の費用も想定しておきたいところです。

最後のブロックは、引越し後すぐに必要になる、エアコン、照明、カーテン・ブラインド等に加えて、祭事、仮住まい費用、引っ越し費用等が並んでいます。一部、普段の生活費の中から捻出するものもあるかもしれませんが、工事中や工事直後に、まとまった出費となることから、その総額は想定しておいた方が良いと思われます。
by iplusi | 2015-01-12 19:16 | その他いろいろ | Comments(0)
<< 横浜市南区Y邸 オープンハウス... 新国立競技場問題 ハフィントン... >>