「間取りの方程式」
d0017039_1558140.jpg2014年11月21日、初の著書、「間取りの方程式」がエクスナレッジより発売されました。

心地よい空間づくり、暮らしを愉しくする間取りづくりに欠かせない「プロのやり方」を、25の視点でセオリー化した、家づくりの“公式"ルールブックです。

イラスト、写真満載の平易な読みやすい本ですが、住宅の設計の勘所を網羅していますので、これから家づくりをされる一般の方はもちろん、建築を学ぶ学生や、ハウスメーカー・工務店・不動産会社の新人さんにも、おすすめの内容となっています。
特に、「快適・便利ばかりを追求する、『間取りのノウハウ本』は物足りないが、かといって、『建築家の素敵な間取り集』では、特殊すぎて参考にならない」とお嘆きの皆様に最適な一冊です。実例間取り6例に加え、道路付け別、オーソドックスお手本間取り4例も、この本のために描き下ろしましたので、具体的なセオリーの実践例もご覧いただけます。

この本の企画・編集は、シリーズ累計22万部を誇る「解剖図鑑」シリーズ(の茶色い方)や、「建設業者」、「エアコンのいらない家」、建築エコノミスト森山さんの原作のマンガシリーズなど、沢山のヒット作を編集された藤山和久さん。
d0017039_17261710.jpg

d0017039_17285668.jpg本のデザインは、おとなタバコ養成講座などでお馴染みの寄藤文平さん(写真は、たまたま私の家にあった息子所有の本)。
イラストは、「片付けの解剖図鑑」の、鴨井猛さん、という錚々たる面々にご参加いただきました。

加えて、スタッフの岨野も、シルエット系イラスト↓ などで参加。写真はほぼ、飯塚の自前ですが、一部の写真はお客様に直接撮影頂くなど、アイプラスアイ上げての総力戦で、なんとか完成いたしました。

d0017039_14303810.jpg

で、発売日の翌日の夜、初めての本がどんな風に売られているのか気になって、新宿の大型書店めぐりをしてみました、笑 
d0017039_17514361.jpg
事務所から一番近い、コクーンビルのブックファースト、建築本売り場。通路沿いの話題本のコーナー。ポスターまで貼って頂いてました。すばらしいです。
d0017039_1758474.jpg
ルミネ1のブックファースト、スタバ隣の建築本コーナー。住まいの解剖図鑑のお隣。狭い店舗で平置きはできませんが表紙が見えるように飾って頂いてます。
d0017039_1823150.jpg
新宿南口の紀伊國屋。解剖図鑑や宮脇本の隣。
d0017039_1843623.jpg
反対側の話題本のコーナーにも。
d0017039_1810890.jpg
東口の紀伊國屋本店はジャンル別に本を並べるルールがあるため、間取り本のコーナーに。たまたま隣には、私が解説文書いている「センスを磨く住宅ファサードのルール」が並んでいます。
d0017039_18114340.jpg
でも、解剖図鑑シリーズのワゴンにはいませんでした、笑。紀伊國屋さんから見ると、シリーズに見えないのかも。

ということで、多少のあったりなかったりはありますが、シリーズ人気で、これ以上は望めない良い位置に並べて頂いております。ありがたいことです。でも、中身の方もとても良いですから、ぜひ、お手にとっていただければと思います。

ネット購入は下記からどうぞ。amazone-hon紀伊國屋

所沢Mさんには、ご自身のブログ「My Home 妄想覚へ我記」の記事で紹介いただきました。ベタ褒めで照れますねえ、笑。ありがとうございます。
西白井Oさんにも、ご自身のブログ「田舎に住まう」でご紹介いただきました。先日、熊沢が一年点検に伺ったので写真もアップしたいと思います。
d0017039_16193160.jpg
これは友人の森くんが、フェイスブックに投稿してくれた写真。これも新宿のブックファーストだそうです。
.................................................................................

11/29以降の追記です。
d0017039_19115330.jpg
11/29、今日の紀伊國屋新宿南口店。「売れてます!!」のカード使い回しですな、笑。
d0017039_19122158.jpg
本店はレジ横に出世してました。ピンぼけですいません。
d0017039_2019589.jpg
紀伊國屋、11/25~12/1は、工学系図書ウィークリーで一番だったようです。建築系図書じゃなくて、工学系図書ですから、嬉しいですよね。ありがとうございます。

d0017039_15432334.jpg


新宿のブックファーストもその後の売れ行き好調のようです。これは12/7の日曜日の写真。

アマゾンの「住宅建築・家づくりのベストセラー」は6位~15位くらいをウロウロしている感じです。なかなか伸びません。

d0017039_15334675.jpg
紀伊國屋、12/02~12/08も、工学系図書ウィークリーで一番でした。法令集より売れてるって、ホントとですかね、笑?12/10現在、工学系図書マンスリーでも2位です。

by iplusi | 2014-12-10 15:00 | その他いろいろ | Comments(11)
Commented by 常滑N at 2014-11-23 20:41 x
いいづか様 おめでとうございます。
さっそくエクスナレッジから届きました。ありがとうございました。
一気に読ませていただきました。小さなわが家でも、この本にある種々の方程式が連立しているようで、一つ一つ読み解きながら楽しんでいます。
家づくりをこんなに楽しくさせる建築家さんはそうそういらっしゃらないと思います。
ますますのご活躍を祈念いたします。
Commented by makiokubo at 2014-11-24 21:14
拝見させて頂きました。読み応えたっぷりの素晴らしい内容ですね(^^)この度は本当におめでとうございます!

Commented by 松戸N(妻) at 2014-11-25 10:35 x
いいづか先生お久しぶりです。
この度は初めての著書発売おめでとうございます!
憧れの印税生活、羨ましい(笑)

まだパラパラとしか読んでませんが、イラストや写真満載で活字が嫌いな私でも楽しく学べそうです!
じわじわと家を建てようとしている友人が増えて来たので、是非お勧めしてあげたいなーと思います。

これからもお身体に気を付けて、
最前線を走り続けて下さいね( ´ ▽ ` )ノ
Commented by iplusi at 2014-11-25 14:50
常滑Nさん、写真撮影ご協力など、いろいろ有り難うございました。直感や自分流のマイルールを、誰が読んでも納得できるセオリーにするのに、随分と苦労しました。でも、いつもの自分の仕事のやり方を振り返るいい機会になりました。
Commented by iplusi at 2014-11-25 14:54
大久保さん、吉祥寺ジュンク堂写真メールありがとう。アイプラスアイグループの方法論として、今後も「方程式」強化していきましょう。
Commented by iplusi at 2014-11-25 14:58
松戸N(妻) さん、ご無沙汰してます。仕事は相変わらず忙しいですか?新宿来たら寄ってくださいね。相当に売れないと印税生活にはならんのですが、お客さんが増えれば嬉しいです。
Commented by 横浜K@妻 at 2014-11-27 11:45 x
この度は上梓おめでとうございます。
ご本届きました。ありがとうございます。

飯塚さんのノウハウが惜しげもなく満載されてますね〜!
住人でさえも、こんなお家に住めたら毎日が楽しい
だろうなぁ、なんて思ってしまうほどの素晴らしい出来映え。
お声かけていただいて、我が家の4boysも参加できて
嬉しかったです。(次回は私も一眼で撮りますよ〜)
これからの更なるご活躍を楽しみにしております〜。
Commented by iplusi at 2014-11-27 16:30
横浜K@妻さん、今回は写真撮影などありがとうございました。写真選んだのは編集者なんですが、机に向かったお子さんたちが、何をしてるか不明なところが、また面白いですよね。次回は、猫と犬ででまるまる一冊いきたいですねー、笑。
Commented by 建築エコノミスト森山 at 2014-12-02 07:13 x
おおー!!出ましたねえ。私も早速読ませていただきましたが、住宅建築関係者ならすぐ使えて読んでためになる。施主さんには、ふんふん、なるほど、と今までわからなかった良い住まいの秘密を理解できる。とっても素晴らしい内容でしたよ。さあ、ここまでノウハウをさらしたら飯塚流建築仕事術の入門者が増えますよ。私はもう2年ちかく住宅の設計依頼がありませんが、今度仕事来たら「飯塚流」で設計してみます。そのときはご教示と公認をお願いします。
Commented by 川崎H邸主人 at 2014-12-04 23:32 x
「間取りの方程式」届きました。ありがとうございます。
カミさんも、飯塚さん、偉くなったもんだなぁと言ってました、、、(苦笑)

でも、ボクなら本のタイトルはこうしますね(笑)。

「なぜ? 家を創るのか?」

この結論から入って、設計者の選択プロセスやその技量、手法、そして「間取り」、コスト調整等に興味が繋がっていく、とした方がよかったのではないか、と思います。

生意気言ってスミマセン。

※でも、8年住んでいい家ですよ。コドモたちも100%以上使いこなしてます!
Commented by iplusi at 2014-12-08 13:37
川崎Hさん。「方程式」というタイトルは編集者、藤山さんの作ですが、近頃は、お客さんに説明する時、「これは~ページの「方程式」です」という具合に使っています、笑。ともあれ、8年経って快適なのは何よりです。ありがとうございます。
<< 祐天寺Y邸その後 西白井O邸 1年点検 >>