中野M邸 板金打ち合わせ
中野M邸、今日から板金屋さんの乗り込みとの事だったので、打ち合わせに行ってきました。
d0017039_21112752.jpg
これは「唐草」という屋根の先端部位。監物板金さんは加工場で曲げてきてます。広小舞の小口に釘止めしてます。
d0017039_21114069.jpg
屋根材も搬入されました。
今日の確認事項は下記。

・固定法→共色カラー釘谷止めで
・出隅コーナーの処理方法→イカコーナーなし、曲げで対応
・上下分割→4tロング(7m)敷地に入れないので、東西面は分割になる
       →水切り入れずに重ねで
       →高さは玄関に合わせる
・玄関ポーチ天井と外壁の納まり相談
・イーヴスプロテクターの向き→内外ひっくり返して、板金下地兼ねる。
・西面窓間の処理→サッシ同材で目板入れる。見切りは虫眼鏡型にまわす。
・その他15cm程度のサッシ隙間処理→共色平板で
・笠木ラップ→40mm程度で
・縦樋→図面通り。エルボー無しで直で落とす
・木ルーバ→水が切れるよう、小波の上に固定。2山にまたげば絶対潰れない
・小波と虫→縦使いの時は気にしないで大丈夫。横の時はやや注意
・軒樋吊金物検討、、テラス樋検討
by iplusi | 2014-09-10 21:14 | 中野M邸 | Comments(0)
<< もうすぐ10年 鎌倉Y邸 写実画のような >>