荻窪H邸地鎮祭 feat.建築知識
d0017039_21212193.jpg
今日は荻窪H邸、地鎮祭でした。今日の神主さんは、杉並区代表として伊勢の式年遷宮にもいらっしゃる宮司さんということで、非常にありがたいお話をいろいろいただけました。なんでも、地鎮祭という儀式は1300年前から、ずっと変わることなく行なわれてきたものであるそうです。
これから数ヶ月にわたって、「木造現場監理写真帳」のニューバージョンの撮影もするということで、雑誌「建築知識」の坪井さん、東さんにもお声掛け。地鎮祭に参加いただきました。
現場は地縄確認、ベンチマーク決めの後、遣り方の工事。来週は引き続き、地盤改良工事の予定です。
by iplusi | 2013-09-28 21:24 | 荻窪H邸 | Comments(1)
Commented by 荻窪H at 2013-09-30 22:21 x
飯塚さん、吉田さん、ようやく地鎮祭まで来た感じもしますが、いよいよこれからですかね。家を建てるなんて、どこにでもある景色ですが、私達のような庶民には、一生に一度あるかどうかの大イベントですし、それが千何百年も続いている儀式を伴っているということに気づくと、とても特別で貴重な体験をさせていただいていると、改めて思いました。それも皆さんの支えあってのことですから、立派なお家をこのHPに載せていただけるまで、お付き合いいただけますよう、お願いいたします(^-^)
<< 房総B邸03案 スキップフロアを試す 塗装工事進行中 @杉並B邸 >>