耐震電球
d0017039_2195492.jpg
最近、白熱球が買えないとかよく聞きますけど、うちの近所のスーパーでは、普通に買えます。それも発売を中止したはずの東芝製のが。

正確に言うと、名前は「白熱電球」じゃなくて、「耐震電球」というものなんですが、素人目にみたら全く同じです。仮に1年しか持たなくたって、所詮150円とかだし、トイレとか点灯時間の短い部屋は、焦って高価なLEDなんかに交換する必要はないんじゃないですかね。

ちなみに、ランニングコストを計算をすると、60wのトイレの電球を、1日10分つけるとした場合、
点灯時間は一年間で 10分☓365/60分=約60時間

電気代は、一年間で
 0.06KW☓25円/KWh☓60時間=90円
という計算になります。

電球を蛍光灯に変えれば、電気代はさらに下がるので、点灯時間の短い部屋に限っては、100均で電球型蛍光灯に変えるくらいで十分という感じじゃないかと思うんですけど、いかがでしょうか。
by iplusi | 2013-07-01 21:29 | その他いろいろ | Comments(0)
<< 住まいのデザインセンスアップの... 板金打ち合わせ @杉並B邸 >>