飯能i邸 その後 
d0017039_10544211.jpg
飯能i邸久しぶりに行ってきました。
駐車場の部分の石積み施主工事完了。この建物はスピードが要求される外回りの工事(基礎、骨組み、アルミサッシ、屋根、外装)のみ工務店にお願いし、内装工事、家具工事、電気工事、外構工事などはすべて施主工事としています。
d0017039_13482996.jpg
1階西側のキッチン部分。キッチンは壁からの片持ち構造。天板は木製で、常温液体ガラス塗料、グラノールを塗り重ねています。コンロは2口。
d0017039_11273811.jpg
南側は間口5間の大間口です。インナーデッキ下の家具はできていますが、外のデッキはこれからです。構造はコボットで確保。
d0017039_11121189.jpg

バタフライ型屋根の大空間の中央に、工作室が入れ子されています。工作室の床は1階より下がっており、天井も低いので、工作室上の2階の床は手が届くくらい近くにあります。2階の手すりはかなり太目のワイヤー。1階西側の壁際の棚には、家造りで使った、たくさんの工具がのってます。
d0017039_11225926.jpg
浴室のタイル張りも施主工事です。素人がやったとは思えないほど綺麗に仕上がっています。
d0017039_135132.jpg
2階から南方向を見たところ。大屋根の中央にはドーマー窓があって、2階に直接、光や風を入れることができます。
d0017039_13534095.jpg
2階東方向を見たところ。いろいろな方向から光が入ります。
d0017039_1151977.jpg
入れ子された工作室の内観。正面はガラスの大窓で、両側に風を通すための開き戸がついています。旋盤類やコンピュータ、その他もろもろ。建主は電気回路の設計とかもできるので、何でもつくれそうな感じでした。
by iplusi | 2013-05-05 11:54 | 飯能 i 邸 | Comments(1)
Commented by kajinoryuji at 2013-05-10 23:06
施主工事でこれだけするってホントありえないぐらい凄すぎですね。
普通絶対できません。。まず何をするにも道具・工具類が必要かと思いますが、この工作室内にたくさん揃えられているんですね。外構の石を積むにも、ショベルカーとかレンタルしたんでしょうね。凄すぎます。。。工務店が一つできそうですね。。
<< コンセント必要箇所 「部屋別・間取りアイデア300」 >>