藤沢H邸その後
d0017039_1895865.jpg
住宅の建て替え調査で、藤沢H邸の近くに伺ったので、H邸の外観写真をちょこっと撮影させて頂きました。

外壁、屋根はGMルーフという横葺き材料。この地区は風致がかかっていて、屋根は白っぽくできないので、グリーンがかったメタリックグレイを使っています。1階の木の色とのコントラストがついているので、2階が浮き上がって見えますね。南側の先端は、ソーラーブレードというサンワカンパニーの材料を、手すり兼、猫の脱走防止柵兼、目隠しに使っています。

斜面も植栽で綺麗にされていました。ちなみに家の建設前に、道路境界沿いにあった大谷石積み擁壁は取り壊し、間知ブロック積み擁壁を再築造。駐車場スペースを生み出しました。宅造許可をとって、建築と土木をあえて分離して整備しています。
by iplusi | 2013-04-14 18:33 | その他いろいろ | Comments(0)
<< 配筋検査@杉並B邸 アクセントカラーの検討 >>