常滑N邸竣工
d0017039_18535238.jpg
常滑N邸竣工しました。軒が低い勾配屋根、焼杉やトタンの黒い外壁、2階の掃き出し窓・・・は、常滑の古くからある建築のかたち。常滑の町を愛する建主さんの家は、まわりのどの住宅より新しいのに、どこか懐かしい建築となりました。
by iplusi | 2012-12-20 18:51 | 常滑N邸 | Comments(5)
Commented by 森山 at 2012-12-22 20:09 x
完成おめでとうございます。
常滑に行ってたんですね、昨日電話したのは忘年会やんないか?のお誘いなので気にしないでください。
Commented by kintaro-n at 2012-12-22 23:43
i+iのみなさま。こころよく見学させて下さった平塚K様。また、関連するブログにコメント下さったりと、いろいろアドバイス下さったみなさま、本当にありがとうございました。
素晴らしい家をつくっていただきました。住むのがもったいないくらいです(笑)
引っ越しも少しずつですが進み、ネット環境も整いました。
いつまでも家づくりの初心を忘れず、これからも家族とともに家づくりを楽しみたいと思います。
Commented by いいづか at 2012-12-26 15:41 x
kintaro-nさま。とてもいい家ができましたね。おめでとうございます。「流造」その後調べて、びっくりしましたが、常滑のみならず、無意識下で日本の伝統も意識してたみたいです(笑)。3年くらい経って、木の色が落ち着くと、本当にいい感じになると思っています。
Commented by i+iその at 2012-12-26 21:21 x
竣工おめでとうございます!
こうして遠くから拝見すると、すっきりと統一感のあるとても素敵な家ですね。流れ造の伝統美、古さと新しさの同居する面白いつくりになりました。

これからもご家族がどのように暮らして行くのか、
ブログなどを通じて楽しみしております。
私も微力ながらお手伝いできるところがありましたら
ご遠慮なくお申し付けください。

Commented by いいづか at 2012-12-26 23:35 x
森山さん、年内残りわずかでちょっとタイミング合わないかな?という感じですが、新年会はぜひ。
<< エッシャー猫 流造(ながれづくり) >>