アクセントウォールの検討
d0017039_033857.jpg
吹き抜けの上部に壁を描いてみましたが、方々が抜けているので、広々感はそのままな感じです。ということで、あまり小細工せず、焼杉の壁(または焼杉色の壁)でアクセントつける形はどうでしょう。外の要素を内に持ち込むというアイデアです。
by iplusi | 2012-09-22 15:45 | 常滑N邸 | Comments(5)
Commented by 常滑N at 2012-09-22 23:21 x
とてもいいと思います。ほとんど解放してると思いますが、一応戸は欲しいです。塗り色より焼杉が、やっぱりいいですね。
Commented by いいづか at 2012-09-23 12:37 x
引き戸開けたときの状態を描いてみました。焼杉は室内の場合、炭化した部分が落ちそうな気がするので、本実の板を少し光沢が出るオイル(オスもなど)で塗ったほうがいいかなと思ってます。また、コントラストが強いので、壁の色は、真っ白じゃなくて、上記画像のように、生成り系の色に落としたほうが、自然な感じになると思います。
Commented by 常滑N at 2012-09-23 20:54 x
まさに、飯塚さんの黒髪理論ですね。いつもどこかで見ているような、安心感のある色構成です。木の色は男性の肌のよう。すると、壁は女性の肌のような色合いがいいでしょうか。
Commented by 森山 at 2012-09-28 09:08 x
ごぶさたです。
ぜひぜひ焼き杉やってみてください。岸上さんの焼杉仕上げは黒というより、墨色の光沢があって吸い込まれそうな色でしたよ。黒(くろ)でなく玄(くろ)と表現すべきような、、、木部との対比が高須賀晋先生みたいで、非常によさそうですね。焼杉はそのままだと表面に触ると黒く付くので少し拭き取りをやらなきゃならんようですが
Commented by 白井T at 2012-10-06 16:46 x
Nさん初めまして。常滑N邸、写真拝見しては痺れています。
森山センセは相変わらず大胆不敵で素敵です。煽りますねぇ。
ええぃ、ここは完全部外者の我家も図々しく「焼き杉に一票!」っと。
(住まい手思いのいいづかさん案が結果正解のことが常です…汗)
<< 配筋検査@世田谷M邸 建築知識10月号 「高さ寸法」... >>