1階リビング、2階リビング
1階リビングのメリットデメリットについてまとめてみました(2階リビングのときは、
メリットデメリットを反転して、読み替えてください)。
構造や、内装制限などは、一般の方は気がつきにくいかもしれません。非常に大きな問題ですので、慎重に考えてみてください。
「土地が広い時は1階リビングが良い」とは一概に言えません。たとえば吉村順三さんの軽井沢の家は、湿気をさけつつ、鳥の目線で木々の緑を楽しめるように、主階が2階になっています。
d0017039_10231440.jpg
アイプラスアイでは、大体半分くらいのクライアントさんが2階リビングを採用されています。2階リビングの場合は、1階が純粋な寝室階にならないよう、広めの土間玄関を設ける、寝室を共用部と引き戸で緩やかに仕切る、等の工夫をしています。

■1階リビングのメリット

□庭との関係 :庭と密接な関係が作りやすい。
□高齢者対応 :浴室、キッチン、トイレを1階とすれば、最悪1階だけですべて間に
          合わせられる。  
□上り下り  :主階が1階なら、買い物や来客のとき、上り下りしないで済む。
          洗濯物を庭に干し、衣類収納を1階に設ければ、2階は寝るとき
          だけ上がれば足りる。
□子供部屋  :玄関廊下からリビング経由で子供部屋にアクセスする、リビング
          アクセスの間取りにできる。
□給湯関係  :浴室が1階なら、浴室とキッチンと給湯器を近づけやすい。=給湯
          のタイムラグが生じにくい。
□通風      :個室が2階なら、通風を確保しやすい。就寝時も窓を開けやすい。
□荷物搬入  :洗濯機、冷蔵庫、ピアノなどの大型荷物が搬入しやすい。
□面積効率 :リビングアクセスの場合は面積節約になる。

■1階リビングのデメリット

□日当たり   :都市部では、接道方向が南向きでない場合は、直射日光は期待し
          にくい。
□明るさ     :家の北側や、中央部が暗くなりやすい。吹き抜けや中庭によっ
          て光を補わないと不快になりやすい。
□床温度    :特に床が低温になりやすく、2階より寒い。
□通風     :リビングの通風は吹き抜けなどを利用しないと確保しにくい。
□プライバシ :窓の大きなリビングを、道路から覗かれやすい。
□構造     :南に大きな開口部が必要になるため、耐力壁が確保しにくい。
          また、南に開口部が多いと、南北のバランスが崩れる可能性が
          高い。柱の細長比の関係から、階高を高くしにくい。
□火気使用室:コンロをガスにする場合、内装制限が家全体にかかる。嫌な場合
         は鬱陶しい下がり壁が必要になる(コンロまわりなどを特定不燃材料
         で仕上げる緩和策もあり)
□意匠     ;内装制限を受けると、構造あらわしの木造ができなくなり、原則と
          して壁や天井に木を張れなくなる。せっかく勾配屋根としても、リビ
          ングのインテリアとして利用しにくい。
□防犯     ;リビング大型窓は、防犯性が不安。
□規模     :1階に入れる要素が増え、総2階にしにくい。コストアップ。
by iplusi | 2012-07-24 22:41 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by 川崎H邸主人 at 2012-07-25 23:03 x
高い擁壁のある敷地では、1階リビングではないでしょうか。
Commented by いいづか at 2012-07-27 22:02 x
そうですね。プライバシーがある程度守られるし、環境も通常よりよくなりますからね。2階南の光を1階に落とせれば、もちろんそれでいいですよね。
<< グリル問題 「My HOME+ マイホーム... >>