目黒S邸今日の現場
目黒I邸足場はずれました。
d0017039_20403548.jpg
東側2階外観。高度斜線で北側が削られるので、南側も斜めにカットして、バランスをとっています。コーナーの台形窓が表情をつくります。
d0017039_2041121.jpg
コーナー窓から道路反対側の家をみたら、ちょうど同じ角度。高度斜線ギリギリなので、まあそうなりますよね。
d0017039_2042272.jpg
1階出隅コーナーの窓上下に水切り入れておさめました。この建物は、新築なのに、なぜか、ちょっと古い建物がもつテイストがあります。
d0017039_2041488.jpg
南東方向からみる。かなり難しい格好をした屋根とバルコニ。模型通りにできてますね。
d0017039_20424357.jpg
1階のLDK部分。T字路の交差点=南東方向に開いています。
d0017039_20425871.jpg
2階のリビング天井は、現場のアドリブで一部梁あらわしにしました。
by iplusi | 2012-06-05 20:41 | 目黒I邸 | Comments(5)
Commented by 森山 at 2012-06-06 10:14 x
飯塚さんの不整形建築へのチャレンジ。なんか、良くなってきましたね。
Commented by 常滑N at 2012-06-06 15:11 x
今にも起き上がって動き出しそうな、生きてるような家で、格好いいですね。
壁の黒ガルバは、小波でしょうか。焼き杉の焦げ茶とぴったりですね。
Commented by いいづか at 2012-06-07 09:58 x
森山さん。高評価いただき、ありがとうございます。今回は斜線があらゆる方向にかかる、かなり苦しい状況だったのですが、ちょっとした操作で、楽しい感じにできました。

常滑Nさん。動物系の表情を与えるのは、アイプラスアイの最近のテーマです。ありがとうございます。ガルバは真っ黒な小波です。それに比べると、焼杉は少し茶色で穏やかです。わざと薄さを感じるように小波貼ったところが、いい感じでした。
Commented by 石野彰臣 at 2012-06-09 08:53 x
とくに意識していたわけではありませんでしたが、焼杉にした事が古い感じのテイストを作り出しているのは、正解でした。モダンですが、古来の日本の建物の美意識みたいな物が感じられます(少々大げさですが)。それにしても模型通りの外観は見事としか言いようがありません。
Commented by いいづか at 2012-06-11 21:19 x
>模型通りの外観は見事としか言いようがありません。

そうですね。バルコニーまわりなどの複雑な納まりは、取り合いが多いので、難しいんですね。工務店、大工さん、板金屋さん、鉄骨屋さんのチームワークの賜物です。
<< 世田谷M邸01案 豊田市美術館の茶室「童子苑」 >>