土地探しのバイブル
d0017039_23301254.jpg
「建築知識」の土地特集がようやく書籍化されるそうです。飯塚は設計の実務で培った土地探しのノウハウを16ページにわたって執筆しました。みかけの土地代が安くても、家を建てる時に極めて割高になる土地というのはゴマンとあるわけで、そういう土地をつかまされないようにする方法を、設計者目線で解説してます。

地盤、接道、高度斜線、防火、インフラ引き込み、擁壁、古家解体、車両アクセス、現地調査・・・自分で言うのもなんですが、今読み返してみても、なかなかよくまとまっていて、土地購入を考える方必携の本になるのでは、と思います。建築のこと良くわかってない不動産会社の新入社員も読んだほうがいいんじゃないでしょうか。

書籍名はまだわかりませんが、続報はまたご案内いたします。
by iplusi | 2012-05-09 23:52 | その他いろいろ | Comments(0)
<< 引戸の検討 @目黒I邸 「渡辺篤史の建もの探訪」 @ど... >>