江戸川M邸06案
d0017039_1535045.jpg
04案ベースで、中間階ロフトをやめ、小屋裏ロフトを充実させた案。スキップ方向は南を高く。内部にはついつい座ってしまう内部の縁側を置く。外形は傾いた壁の上に、軒を出した特徴的な形に。斜めの壁にあたる雨は少量だから、壁下の樋は省略。納まりはかなりすっきりするはず。
耐力壁をできる限り確保するため、2階はコボットでなく壁に。高倍率にすると、片持ち梁は、曲げは持っても剪断が厳しくなるから、片持ち部は直行方向の壁を入れることに。
d0017039_15505019.jpg

by iplusi | 2012-04-13 10:34 | 江戸川M邸 | Comments(1)
Commented by M邸妻 at 2012-04-18 18:06 x
先日はありがとうございました。
どれもこれも気になり、こんなことで決定できる日がほんとにくるのだろうかと思っていましたが、第06案、これだ~!!って感じでした。
ちなみに娘は第05案の外観が気に入っていたよう(斜めのシャッていう屋根のやつがいい~とのこと)でしたが、夏の日差しや雨のことなど受け売りで話したところ即納得。私より大人です。私はいつもごねてばかりですみません☆
<< 建築家なしの建築 @別府 ( ... お花見企画 @多摩N邸 >>