目黒I邸上棟
目黒I邸上棟しました。
d0017039_15113783.jpg
2階の勾配屋根を生かした吹き抜けとブリッジがこの建築の見せ場です。ハイサイドライトから光が降り注ぎます。
d0017039_1591625.jpg
クロゼットから吹き抜け方向を見たところ。なかなか面白いのでクロゼットの欄間を抜くことを画策中。
d0017039_1592256.jpg
キッチンから、ロフト方向をみたところ。
d0017039_15103018.jpg
屋根野地板1層目です。24mmの構造用合板の上に通気胴縁を流しています。2重構造になってるので、夏の熱気も抜けます。
d0017039_15103650.jpg
野地2層目を張り始めたところです。広木舞をガイドにして下から張っていきます。この日の内に2層目張り終わりました。
d0017039_1595380.jpg
1階です。階高は2640です。
d0017039_15104744.jpg
ここが、問題の3方向異勾配の寄せ棟部分。できてみるとなんてこと無いんですが、作図は結構、大変でした。
d0017039_20252.jpg
飯塚の図面通り模型通りで、ぴたっとあったとのこと。
d0017039_15111595.jpg
外から見るとこんな具合です。西側境界線に対する高度斜線で、急勾配の屋根になっています。
d0017039_15112412.jpg
三角形の小屋裏空間はロフトになる予定です。左側の勾配15寸、右側の勾配5.8寸です。屋根は押し出しポリスチレンフォームの内断熱としました。グラスウールだと気密とるために下地を455ピッチに入れる必要があるし、屋根通気胴縁の釘が工事中危ないので。
d0017039_15113025.jpg
2階の東側はダイナミックな空間になります。
by iplusi | 2012-03-15 15:12 | 目黒I邸 | Comments(0)
<< 江戸川M邸02~04案 目黒I邸 建方中 >>