常滑N邸 配置の検討
敷地の北道路に平行に配置すると、建物がどうも、敷地や風景に対して、そっぽ向いた関係になる感じがするので、配置を再検討しました。東隣の隣家のように東側の道路に直行させると約30度振る形になりますが、もろもろ考えると、それでは、さすがに振りすぎです。
d0017039_1150455.jpg
そこで、直感で15度と振り角を決め、敷地の南東角、北西角から引いた水平垂直線を手がかりに、建物を配置してみました。
建物の西側aの部分は駐車場に割り当てました。将来用客用駐車場の駐車場bは隅切部分のポイントを手がかりにラインを決めました。
こういう配置にした場合、将来のc位置に別棟で間口3間、奥行き6間程度の家が増築が可能です(清家清さんの「私の家」をイメージ。記憶は定かでありませんが)。別棟建てると日照悪くなりますが、自分や身内が住むのであればcは平屋にすればいいわけだから、あまり気にしなくてもよさそうです。別棟にできるということは、そこだけ分筆して別の所有権設定することもできるので、将来いろいろな対応が出来そうです。

ということで、常滑Nさん。この配置に基づき、見える風景を現地確認。調整していけばいいと思いますがいかがでしょうか。たまたま、敷地西側(南より)の境界に近づいてるので、ここに平行にするのもいいかもしれません。
d0017039_13112667.jpg
グーグルマップを15度振って重ねてみた図。振りすぎると、今度は南西の隣家が正面に入ってくるので、やはりこのくらいでしょうか。
by iplusi | 2012-01-05 11:46 | 常滑N邸 | Comments(1)
Commented by kintaro-n at 2012-01-05 23:44
ありがとうございます。この配置で、現場確認しておきます。
<< 施主塗装 @高尾K邸 常滑やきもの散歩道探訪 >>