日影の検討その2
d0017039_13163654.jpg
日影の検討その2。南側に隣家が建たない場合の等時間日影図です。道路挟んだ南東側の既存隣家の影響は無視しても大丈夫そうです。東側に家が建つ場合は、冬至日の8時から9時くらいの影ができますが、早朝の1時間くらいですから、まあ気にしなくてもいいと思います。むしろ北側道路に寄り過ぎないほうが南面の日当たりはいいようですね。
d0017039_141854.jpg
以上を踏まえ、ご要望の3台の駐車場を確保すると、こんな感じでしょうか。道路と敷地の高低差は北側が小さく、敷地北東が動線的にも裏になりますので、ここに駐車場を集約してます。駐車場の施工エリアはできるだけコンパクトにしてコストを抑えます。建物の裏には縦列で1台(2.5M×7Mあれば停まれます)。15年後はお嬢さん用ですが、当面はお客さん用として使います。
一方、表側、敷地の角は植栽スペースとして利用しました。アプローチのすぐ横に車があるのも寂しいですし、将来家が木々に囲まれることを要望されていますので。

ところで、こうのようなレイアウトを考える場合は、舗装と緑地の「図と地」の関係を常に意識して計画します。舗装ばかりに注目すると、残された緑地の形が汚くなるからです。緑の形をきれいにするには、どういう舗装にしたらいいかを考えたほうが、大体うまくいきます。
by iplusi | 2011-12-31 14:19 | 常滑N邸 | Comments(1)
Commented by kintaro-n at 2012-01-03 21:02
ありがとうございます。コストだけでなく、大切なことを取り戻した感じです。
<< 常滑やきもの散歩道探訪 相模湖B邸02案 >>