住宅用防火サッシ一斉販売終了の件
青木さんからは前々から予告されてたんですが、業界では住宅用防火サッシ一斉販売中止ということが話題になってます、

準防火地域内の住宅の窓(延焼部)に使える窓が全部シャッター付きの引き違いとかになっちゃうって話です。(そもそも、シャッター付きサッシなど、火災時にしめる人いるとは思えませんから、これで家の安全性は低下すると思うんですが。)

デザインがしにくくなるので、設計事務所はもちろん大打撃ですが、材料入手が難しくなると、ハウスメーカーだって、工務店だって困るはずだけど、なぜか大騒ぎにならないのが不思議。

・リクシル(トステム)はケンプラッツ記事参照。
・YKKは8月中に物件を登録すると使えるどいう半端な対応。
・三協アルミだけは、販売続けるようです。すばらしい。電話で下記確認。
・三協のアルミ樹脂複合サッシについては、下記の組み合わせになるそう。
  FIX   :防火サッシF型(10月発売) 個別認定品
  縦滑り :防火サッシF型(10月発売) 個別認定品
  勝手口 :防火サッシF型(10月発売) 個別認定品
  引違い  :マディオJのシャッター付き
・アルミサッシについては、現行のマディオPを引き続き販売予定
・これは、現行の通則認定に基づくものですが、来春防火の試験予定してるそう。
・特寸、連窓、段窓の制限は特になし、とのこと。

なお、国交省から、性能不足による改善、個別認定取得の指示が出ているサッシは以下のものです。

・トステム(現リクシル)株式会社の「シンフォニーウッディ・マイルド」の「引き窓」
・YKK AP株式会社「エピソード/エピソードTypeS」の「引き窓」
・新日軽株式会社の「アルプラクラスK3」の「引き窓」
・不二サッシ株式会社「新日軽株式会社製アルプラクラスK3」の「引き窓」
・三協立山アルミ株式会社の 「マディオJ」の「引き窓」

現段階で複合でないアルミサッシ、引き窓(=引き違い窓)でない樹脂複合サッシについては、指示は特にないようですので、今回の措置はサンプル調査対策として、サッシメーカーが自主的に販売を中止したものと考えられます。

サッシの防火性能が不足してるとなると、すでにそのサッシを使っている建物は既存不適格という、法不適合建築になってしまいます。引き違いなら、シャッター後付といった対策も不可能ではありませんが、滑り出し窓やフィックス窓はどうしようもありません。

そもそもアルミサッシの防火認定は、昔の乙防認定を引き継いだもの。もし複合以外のサッシも検査してダメなら、数百万軒の住宅が既存不適格になって終了です。それなら、バレる前に販売中止にしちゃえということなんでしょうかね。

しかし、国交省もカーテンウォール防火・開口部協会も、メーカーも、この問題一体どのように収束させ、どう責任をとるつもりなんでしょう。
by iplusi | 2011-08-23 13:48 | その他いろいろ | Comments(7)
Commented by 森山 at 2011-08-23 18:08 x
さすが青木さんは知ってましたか、、この話し。
僕もつかんでいましたが、こればっかりはどうしようもないし騒がなかったんですよ。僕のところはサッシは基本、樹脂&木製で海外仕様の日本製造品を使うようにしております。
Commented by いいづか at 2011-08-23 23:59 x
逆輸入サッシっていうことですか。面白そうですね。今度詳しく教えてください。
Commented by yamato-aoki at 2011-08-24 20:34
エンドユーザーを無視した商品、対応にもはや言葉もありません。切々と国交省にうったえるのみです。
Commented by 防火 at 2011-08-31 09:50 x
本件、色々と気になっておりましたが、サッシ以外の、病室等の軽量ドアや重量ドア関連はどうなのでしょうか?防火性能あるのでしょうか?
Commented by 森山 at 2011-08-31 13:57 x
このサッシの件について書いときましたが、大変になることは間違いないです、一部では既に交換命令も出ていますからねえ。
Commented by iplusi at 2011-08-31 14:23
森山さん、ブログ記事拝見しました。非常に参考になりました。防耐火のデータベースって、建築行政情報センターが管理してるんですよね。が、確認機関しか見られないようになってるみたいですね。
Commented by iplusi at 2011-08-31 14:48
防火さん。特定防火設備の引戸とかもあるみたいですよ。例えばこんなの。http://www.bunka-s-pro.jp/calmslider/fire-protect/fs_s_100_b_p.html
<< 家具の色 現地調査 @工房のある家 >>