所沢M邸02案
d0017039_15505311.jpg
階高は階段1段分大きく2640にして、テラスは浴室の上部に積む。床はテラスを含めフラットに。内部はピーターアイゼンマンの住宅1号の空中を跳ぶ梁の様に、尺梁を2本長手方向に架け、梁とハイサイドライトを絡めれば、垂木構造にしなくても、美しい架構がつくれそう。
by iplusi | 2010-12-29 15:50 | 所沢M邸 | Comments(0)
<< 拭き取り塗装 @松戸N邸 洗面まわりタイル @高崎K邸 >>