高崎K邸 今日の現場
高崎K邸、今日は現場で板金関係の打ち合わせでした。
d0017039_22175640.jpg
打ち合わせ前に、内部も見学。ちょこっと三角が張り出すだけで室内はずいぶんと広くなるんですね。サッシのHは2200。この部分はメインのダイニングなので、上部床をスキップフロアにして天井を少し高くしています。水平ラインを強調するため、2200の上と下で仕上げを変えます。
d0017039_22182815.jpg
このように複雑な形状をした屋根ですから、難しいディテールのオンパレードです。既製品のたてはぜの仕様のため、壁際の雨押さえが、どうしてもうまく納まらないので、左手2階のギョロメ窓周りの3方枠を現状より少し出すことにしました。
d0017039_22184060.jpg
心配していたコーナーのとんがり部分は、棟カバーをつけずに、唐草で逃げるディテールにしてもらったので、すっきりおさまると思います。今日は棟梁は軒天の施工中でした。
d0017039_22192373.jpg
V字に折れる庇の部分は、はぜを鉛直から少し傾け、谷をきれいに納めることにしました。リシン掻き落とし壁と板金の出隅納まりも相談しました。あと外回りで考えるべきことは、玄関の下枠納まりくらい。
d0017039_2218644.jpg

アイプラスアイエッセンス全部入りの2階。
by iplusi | 2010-11-11 22:19 | 高崎K邸 | Comments(2)
Commented by 高崎K at 2010-11-13 11:28 x
遠方までありがとうございました。
やっぱり、プロの方にしっかり見ていただけると
安心感がありますね。
これからどう印象が変わっていくのか、楽しみです。

引き続きよろしくお願いいたします。
Commented by iplusi at 2010-11-14 10:44
屋根がらみは心配だったんで、飯塚が行ってまいりましたが、板金屋さんも古田さんも、こちら以上にきちんと考えてくれているようなので、安心しました。室内も思った以上に広々していて、非常に楽しみですね。
<< 電気、板金打ち合わせ @松戸N邸 えきナビの土地相場情報 >>