クライアントの職業を分析
アイプラスアイのクライアントさん(お子さんは除く。働ける年齢の人だけ。26軒、延べ53人。建設当時)の職業分析をしてみました。多い順に、

1位:専業主婦                 12名
2位:SE                      7名
3位:クリエーター系・・・※1          5名
3位:商品開発系(職種はいろいろ)      5名
5位:新聞・雑誌・通信社系・・・※2      4名
6位:建築・不動産系               3名
6位:教師・華道の先生              3名
6位:自営                      3名
9位:経営・マーケティング系           2名
その他・・・※3                   9名

※1   イラストレーター、マルチクリエイター、映像ディレlクター、漫画家、ディスプレイデザイナー
※2   うち、雑誌編集者が2名
※3   会社経営者、飲食店店長、歯科医、国家公務員、農家、ファイナンシャルプランナーなど。

という結果でした。26軒で専業主婦が12人ということは、半分くらいの人が共働き世帯ということですね。SEの比率が高いのが異常ですが、SEの方は大体検索上手ですから、いつの間にか、「住まい手の立場から住宅を考える」にアクセスいただいたということでしょうか。

直接的にアーティスト系じゃなくても、SE、商品開発、雑誌編集者など、上位を占めている方々は、ほぼ、ものづくり系のお仕事といえますね。やはり、われわれのプロセス重視の進め方、webですべてをオープンにする進め方、施主参加型の進め方というのは、そういったものづくり系の人に共感いただけているということなんでしょうね。

ときどき、うちの家族は「ぜんぜん普通のサラリーマンなんだけど、大丈夫ですか?」というようなお客様がいらっしゃいます。でも、まったく問題ありません。われわれはプロですから、クリエイター系じゃないとモチベーションがあがらない、とかそういうのは基本的にありません。ご安心ください。 
by iplusi | 2010-09-23 01:45 | その他いろいろ | Comments(3)
Commented by 川崎H 邸主人 at 2010-09-18 02:54 x
とても、興味深い「家づくり」マーケティングデータだと思います。

いいづかさんに頼む人は、職業的にこんな人たちなのであろう、と推測し、まぁまぁ当たっておりましたが、主婦層がこれほど占めるとは意外。あなどれませんが、家づくりの熱意が主婦様発信であれば、とても応援したくなります。
Commented by 世田谷S邸(ツマ) at 2010-09-20 02:00 x
おー面白いですね。
SEが第2位ですか・・・・私たち夫妻で2票投じられて2位に押し上がった感がありますね。
クリエーター系の方が多い印象があったのですが、専業主婦が第1位というのは意外でした。
でもお家に長く居る方が家にこだわる→設計事務所に依頼
というのは因果関係として考えたら当然の事ですね。ふむふむ
Commented by iplusi at 2010-09-23 07:57
奥様が専業のお客様は、大体ご主人の方が熱心で、ハウスメーカーみたいに、「家のことは妻に任す」、というのではないのですよ。あと、専業の奥様は家事動線とか気にされる方が多いですが、他のことにはおおらかですね、大体。家計簿つけて、こつこつお金貯めて、家作りではご主人を立てるという、理想的な良妻賢母が多いかもしれません。
<< アイプラスアイ設計事務所のFAQ 世田谷K邸 板金打ち合わせ >>