世田谷S邸02案 1種高度対応住宅
d0017039_051986.jpg世田谷S邸02案は、01案の基本形状を維持したまま、内部のプランを大幅に変更。玄関もピロティ下に動かし、自転車の駐輪も考慮。
横浜K邸→高円寺I邸→西国分寺T邸→世田谷K邸→世田谷S邸と、第一種高度地区がかかる敷地が、5連続でつづくとあって、一種高度の扱いもだいぶ慣れてきました。
by iplusi | 2010-04-05 00:05 | 世田谷S邸 | Comments(2)
Commented by 世田谷S邸主人 at 2010-04-05 00:28 x
今日はありがとうございました。

自転車置き場考慮していただきありがとうございます。ここの立地は自転車を大事にしないと暮らせませんから。。。

2Fですが、スキップフロアもすのこ床の広いリビングもどちらも迷います。スキップフロアの広いリビングというのがいいのですがよいところ取りですかね。。
Commented by いいづか at 2010-04-06 12:13 x
世田谷S邸主人様。こちらこそ、ありがとうございました。あそこでの自転車生活は結構楽しそうですね。ともあれ、ローンの交渉、頑張ってくださいね。
<< 目黒S邸 無事引き渡し 港北N邸 オープンハウス終了 >>