上杉忠弘さん
建築系イラストの第一人者、上杉忠弘さんが、アニメ界のアカデミー賞、「アニー賞」を受賞されたそうです。

受賞作は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が手がける『コララインとボタンの魔女』。上杉さんは キャラクターから建物、すべてのコンセプトを具体的なビジュアルに落とし込む作業を担当されたそう。

すばらしいですね。おめでとうございます。

映画は来週から全国公開。早速見に行きましょうね。
d0017039_2121976.jpg
ご本人から頂戴した、イラストレーション2005年5月号と作品集「THREE TREES MAKE A FOREST」
by iplusi | 2010-02-12 20:41 | その他いろいろ | Comments(2)
Commented by yamato-aoki at 2010-02-15 08:00 x
早速調べてしまいました。
最優秀賞だなんて、本当にすごいですね。現場にふらりと現れるあの上杉さんが!日本人初の快挙!!!
あの家で今後も次々と作品が生まれていくことを考えたらとても誇りに思います。
Commented by iplusi at 2010-02-17 02:17
アカデミー賞とっちゃうと、もっと大変なことになるんで、いまのうちに頼んでおかないと、描いていただけなくなりますよ(笑)。
<< 高円寺I邸 自立壁の家 ユンボの大きさと重量 >>