先日のご相談
9/25、森山さん、建築知識新編集長の藤山さんと来年の不動産特集の打ち合わせ。その後、エクスナレッジ新編集部長の三輪さん、MS4D清水さん、マキシメディアのみなさんが合流。DVDの打ち上げ。

9/27、世田谷の土地の購入を検討中の大田区のTさん来所。上記、建築知識、不動産特集で書く予定の役所用ヒアリングペーパーを使って、予定地の法規制などについて簡単にご説明。
世田谷区は、地区計画で基準法を下回る数値で建ペイ容積が指定されているケースが多いので要注意。当該敷地では、前面道路(6mに拡幅されるとして)のセットバック及び計画道路をセットバックすれば、建ペイ50%に出来るが、その場合は、道路予定地を除く部分で敷地面積を算定しなければならないので、結果的に40%の建ペイと大差ない結果になりそう。

9/29、高円寺に計画中のIさんのご相談。敷地は決まっているので、役所に電話でヒアリング。新防火地域とのことで、準耐火が要求される。新防火地域は、都市計画課への電話ヒアリング1回目では、聞きだせなかった内容。島田君が再確認の電話をして漸く判明。このような特殊なローカルルールは役所担当者も言い忘れることがあるので、注意しなければならない。
by iplusi | 2009-09-29 23:25 | その他いろいろ | Comments(0)
<< 新たな防火規制(新防火地域) 特注ステンレス巨大浴槽 >>