アイプラスアイの目標建築物
求人にあたり、アイプラスアイ設計事務所は、どのような建築が好きか表明しておいた方がいい、というご指摘が森山さんよりあったので、思いつくまま下記に(整理中暫定)。

・シンドラー自邸(ルドルフ・シンドラー)
・フィッシャー邸(ルイス・カーン)
・エシェリック邸(ルイス・カーン)
・ガラスの家(ピエール・シャロー)
・プレーリースタイルの一連の住宅(フランク・ロイド・ライト)
・ゲーリー自邸(F・O・ゲーリー)
・反住器(毛綱毅曠)
・世田谷村(石山修武)
・岡山の住宅(山本理顕)
・阿部勤自邸(阿部勤)
・遠ざかる家(板屋リョク)
・土浦亀城自邸(土浦亀城)
・かん居(堀口 捨己)
・向井良吉邸(大高正人)   などなど

・ポッサーニョ石膏像陳列館(カルロ・スカルパ)
・グラスゴー美術学校(C・R・マッキントッシュ)
・国立屋内総合競技場(丹下健三)
・東京文化会館(前川國雄)
・大分県医師会館(磯崎新)
・神長官守矢資料館など藤森照信の一連の建築   などなど

・歴史都市全般
・建築家なしの建築に出てくるような町全般
・ベネツィア全般
・出雲大社、投入堂、清水寺、光浄院客殿(庭園側)
・同潤会アパート全般  などなど  

・基本的に現代建築より歴史建築の方が好きです。
・つまり、地域問わず、歴史都市全般、歴史建築全般、昔の民家全般、
 という感じでしょうか。 
・地域性も、歴史性も、デザインの面白みもない、シンプルなだけの
 建築には興味がありません。
・過去の建築の持つ質を現代建築に生かしたいと思っています。


by iplusi | 2009-09-20 13:24 | その他いろいろ | Comments(0)
<< 横浜K邸03案 キカイダー風立面 執筆した建築知識2009年10... >>