ナナメ壁出現
d0017039_20351460.jpg
西荻T邸、天井に早くもボードが張られ、吹き抜けに面する部分にナナメ壁が出現しました。垂直に壁を立てちゃうと、天井際がうっとうしいし、天井の浮遊感がなくなっちゃうんで、ナナメになっています。頂部のかき込み部には照明が入りますが、ここもくびれをつくって、上記の感じをさらに強調する作戦です。壁の吹き抜け側はふき取り系塗装の本実の板で仕上げます。
d0017039_20515433.jpg
見せ窓回りの木工事完了。案の定、木の質感がすばらしく、塗る勇気がなくなりました。シルバーなどもってのほか(笑)。ふき取り系塗装の白orグレイで良さそうです。
d0017039_2351401.jpg
Tさんがブログで非常識にゴツイと仰った手すりはコレ。心配で見に来たんですが、全く図面通りの寸法感。40角で片持ち構造、サッシと比較してもむしろ繊細なくらいでした。角パイプは50角と40角で印象が全く変わるということをホームセンターで実寸で確認して図面書いてますから、間違うわけないんですが、お客さんがゴツイとおっしゃると、ちょっと心配になるわけですね。で、一安心でしたが、波板ガラスが入る木内窓の框寸法、中桟寸法はちょっと心配です。山崎さん、村木さんと相談して、できるだけ頑張った寸法でお願いします。
by iplusi | 2009-08-05 20:37 | 西荻T邸 | Comments(0)
<< アイプラスアイ流「木の家」 コックピットトイレ >>